ノバルティスの事業にかける想い

ノバルティスと聞いてすぐにわかった方は恐らく少ないでしょう。世界的な企業ですからもしかするとご存知の方もおられるでしょうし、医療関係のお仕事に就いている方だとノバルティスについても知っているかもしれません。ノバルティスはスイスのバーゼルを拠点に事業を行っている製薬会社で、これまでにさまざまな新薬の開発に取り組んできました。ヘルスケアにおける世界的リーディングカンパニーとも言われていますし、知名度と実績も高い企業です。まだ治療法が確立されていない病気を治すことができる薬の開発にも積極的に取り組んでいますし、ハイクオリティな医薬品を世界中に届けたいとも考えています。世界各地に研究拠点を構えるなど非常に大きな事業規模を持つのもノバルティスの特徴でしょう。

ノバルティスの創薬と開発におけるプロセスですが、同社では創薬と開発への取り組みは患者さんに始まり患者さんで終わると考えています。対象疾患の発生メカニズムや原因をきちんと理解できているか、この病気に対する患者さんのアンメットメディカルニーズが存在するかどうかをしっかりと考え、答えがイエスだった場合には創薬研究プログラムを推進することになります。あくまで患者さんを最優先にしたサイエンスを追求するという姿勢をノバルティスでは打ち出していますし、患者さんにもきちんと向き合って対応していることからそこも高く評価されています。がん領域における開発や研究にもノバルティスでは力を入れていますし、最新の科学を果敢に追求することによって研究を進めています。

昔に比べると随分と進歩した医療ですが、それでもまだ治すことができない病気は存在します。これほど進歩した医学を用いても治せない病気は存在しますし、実際そのような難病に苦しめられている方は世界中に大勢います。ノバルティスではそうした患者さんたちを救いたいと考えていますし、その一心で新薬開発に取り組んでいます。また、こうした難病に苦しめられている方たちを助けるためにはイノベーションによる新薬開発が絶対的に必要だと考えていますし、それゆえにノバルティスは科学的根拠に基づいたイノベーションを推進し続けているのです。これまでとはまったく違う形で新薬開発にアプローチするようなこともありますし、従来の常識に捉われない発想で新薬開発に携わっているのもそうした理由ではないでしょうか。いずれにせよノバルティスの今後が楽しみです。