ノバルティスの治験について

世界的に高い評価を受けている製薬会社として知られるノバルティス。自然豊かな国、永世中立国としても知られるスイスのバーゼルに本社があり、世界中に研究拠点も展開させています。ノバルティスは3つの企業が合併したことによって出来上がった会社ですが、前身となった母体の歴史も合わせると実に250年に及ぶ歴史があります。そんな歴史あるノバルティスは新しい発想で医療に貢献することをミッションとして掲げており、科学的根拠に基づくイノベーションを推進していることでも知られています。世界中の人々がすこやかな毎日を送ることができるように新しい発想で医療に貢献したいと考えていますし、そのためにさまざまな取り組みをしています。

画期的な治療法を発見すること、開発することがノバルティスの目的です。現代の医学は相当進歩していますし、ひと昔前だと治療ができないと言われていた病気も今では治療が可能となっています。時代が流れると共に医療はどんどん進歩していますし、それは現在でもまったく同じことが言えるでしょう。数十年前には難しかった治療が今ではできるようになっていますし、本当に医学の進歩は素晴らしいものがあります。ただ、そんな素晴らしい現代医療においても治療が難しい病気はありますし、まだ明確な治療法を打ち出せずにいる病気などもあります。ノバルティスではそうした病気に苦しむ患者さんを救いたいと考えていますし、そのためにはイノベーションによる新薬開発が必須と考えているのです。画期的な治療法を開発してそれをできるだけ世界中に届けたいとも考えています。

新薬の開発において臨床試験は欠かすことができないプロセスの一つです。これは医療に携わっている人なら誰でも理解していることだと思いますが、当然ノバルティスでもさまざまな臨床試験を実施しています。いわゆる治験と呼ばれるもので、さまざまな治験を各地で実施しています。疾患を治療することで苦痛を和らげ、クオリティオブライフを高めるための革新的医薬品を開発するための治験です。こうした臨床試験は手を上げてくれる患者さんがいないことにはできませんから、ノバルティスでは参加してくれた患者さんに対して大いなる敬意を払っています。誠意をもって取り組んでいますし、臨床試験に参加してくれる患者さんがいるからこそ新薬や治療法の開発もできるという認識を持っています。現在でも世界各地でノバルティスの治験は実施されています。

管理人が選ぶサイト◇◇◇ノバルティス – ホーム | Facebook

ノバルティスの事業にかける想い

ノバルティスと聞いてすぐにわかった方は恐らく少ないでしょう。世界的な企業ですからもしかするとご存知の方もおられるでしょうし、医療関係のお仕事に就いている方だとノバルティスについても知っているかもしれません。ノバルティスはスイスのバーゼルを拠点に事業を行っている製薬会社で、これまでにさまざまな新薬の開発に取り組んできました。ヘルスケアにおける世界的リーディングカンパニーとも言われていますし、知名度と実績も高い企業です。まだ治療法が確立されていない病気を治すことができる薬の開発にも積極的に取り組んでいますし、ハイクオリティな医薬品を世界中に届けたいとも考えています。世界各地に研究拠点を構えるなど非常に大きな事業規模を持つのもノバルティスの特徴でしょう。

ノバルティスの創薬と開発におけるプロセスですが、同社では創薬と開発への取り組みは患者さんに始まり患者さんで終わると考えています。対象疾患の発生メカニズムや原因をきちんと理解できているか、この病気に対する患者さんのアンメットメディカルニーズが存在するかどうかをしっかりと考え、答えがイエスだった場合には創薬研究プログラムを推進することになります。あくまで患者さんを最優先にしたサイエンスを追求するという姿勢をノバルティスでは打ち出していますし、患者さんにもきちんと向き合って対応していることからそこも高く評価されています。がん領域における開発や研究にもノバルティスでは力を入れていますし、最新の科学を果敢に追求することによって研究を進めています。

昔に比べると随分と進歩した医療ですが、それでもまだ治すことができない病気は存在します。これほど進歩した医学を用いても治せない病気は存在しますし、実際そのような難病に苦しめられている方は世界中に大勢います。ノバルティスではそうした患者さんたちを救いたいと考えていますし、その一心で新薬開発に取り組んでいます。また、こうした難病に苦しめられている方たちを助けるためにはイノベーションによる新薬開発が絶対的に必要だと考えていますし、それゆえにノバルティスは科学的根拠に基づいたイノベーションを推進し続けているのです。これまでとはまったく違う形で新薬開発にアプローチするようなこともありますし、従来の常識に捉われない発想で新薬開発に携わっているのもそうした理由ではないでしょうか。いずれにせよノバルティスの今後が楽しみです。

ノバルティスのミッションとビジョン

科学と医学の進歩には目を見張るものがありますし、以前だと治療が難しいと言われていたような病気でも現代の進歩した医療なら治療することも可能です。それくらい医療の進歩は目覚ましいものがありますし、そのおかげで命が助かった、治療ができたという方も少なくないでしょう。しかし、それほどまでに発展した現代の医療を持ってしてもまだ治せない病気はたくさんありますし、世界中に難病で苦しんでいる方はたくさんいます。スイスを拠点に事業を行っている製薬会社、ノバルティスはこのような難病に苦しむ人を救うためのソリューションを提供していますし、画期的な新薬の開発に積極的な姿勢で取り組んでいることが特徴と言えるでしょう。

ノバルティスという企業を知らないという方もおられるでしょうが、実は医薬品業界ではそれなりに高い知名度を誇る企業です。チバガイギーとサンドが合併したことで誕生したノバルティスは長きに渡って医薬品や医療の研究開発に携わってきましたし、確かな実績も残しています。大勢の研究者を抱えていますし、研究拠点も世界中に構えていますからその事業領域は非常に大きいと言えるでしょう。アメリカの複数のエリアに研究所を設けていますし、中国やシンガポールといった国にも拠点があります。難病で苦しむ方を助けるための医薬品研究はもちろん、開発した医薬品をどのようにして確実に届けるか、ということにも考えを巡らせているような会社です。ノバルティスではイノベーションを推進することで画期的な新薬の開発をしたいと考えており、科学的根拠に基づくイノベーションを推進し続けています。

今まで通りの医薬品づくりを続けていても治療困難な病気を治せる薬を生み出すことはできません。それはノバルティスがもっともよく理解していますし、画期的な効能を持つ新たな薬を生み出す必要があると考えています。そのためには科学的根拠に基づくイノベーションを推進する必要があると考えていますし、それをベースの考えとして医薬品研究、開発を続けてきました。新しい治療法や医薬品を開発し、それをできるだけ多くの患者さんに確実に届けたいというのがノバルティスの考えです。また、ノバルティスに投資してくれている投資家に対して投資価値を提供することも同じくらい重要なことだとノバルティスでは考えていますし、恩返しのつもりできちんと投資家たちにリターンしていることも忘れてはなりません。

ノバルティスが注力していること

ノバルティスという企業をご存知でしょうか。大半の方はノバルティスという会社の名前を聞いてもピンとは来ないでしょうし、何をしている会社なのかも想像がつかないでしょう。医療関係者や製薬関連の会社に勤めている方だとノバルティスについてはご存知かもしれませんが、こちらの会社は世界的に有名な医薬品企業です。画期的な新薬や医療の研究開発を続けている会社として知られていますし、世界中に研究拠点を展開させるほどの規模の大きな企業でもあります。創業以来長きに亘って新薬の研究に力を注いできた実績もありますし、現在でも難病を治療するための新たな医療、医薬品開発に余念がありません。すでに長い歴史を持つ会社ではありますが、いまだに成長と発展を続けている会社でもあります。

スイスのバーゼルに本社を構えるノバルティスですが、同社では企業責任として二つの分野に力を注いでいます。まず医療へのアクセスという部分ですが、これはより多くの方に医薬品を届けるということです。どんなに素晴らしい医薬品や医療を生み出すことができたとしてもそれを必要とする患者さんに届かなければ意味がありません。それだと宝の持ち腐れになってしまいますし、必要な方にしっかりと届けることが大切だとノバルティスでは考えています。疾患の抑制や制御ができる医薬品、新しく発見した治療法をできるだけ多くの患者さんに届けることを重視していますし、そのための取り組みにも着手しています。ノバルティスの医療アクセスへの取り組みでは社会的事業や非営利事業、患者支援プログラムなども含まれています。

責任ある企業活動を行うことも大切だとノバルティスでは考えています。ノバルティスは世界的に有名な企業ですし、規模も大きいですから社会的な責任が発生するのは当然のことと言えるでしょう。倫理的かつ継続可能なビジネスを行うことが大切だと考えていますし、そのためのあらゆる取り組みもしています。その一つが社員を大切にすることで、社員がモチベーションを高く保って業務に携われるよう職場環境の改善などにも力を入れています。また、環境維持や倫理の推進、ガバナンスの強化などに力を入れているのもノバルティスの特徴と言えるでしょう。グローバルな社会貢献活動などもノバルティスでは行っていますし、経済的な理由などで医薬品を手に入れることができない方に対して薬を無償で提供、発展途上国の風土病の予防などを研究開発しています。

ノバルティスの社会貢献活動

高級腕時計ブランドが数多く存在するスイスですが、そのスイスのバーゼルを本拠としてビジネスを行っているのがノバルティスです。新薬の開発や研究を行っている製薬企業で、この業界では世界的な知名度を持つ企業でもあります。革新的な医薬品の研究開発に携わっていますし、世界中に展開している研究拠点ではあらゆる新薬、医療の研究が行われています。世界中の人々が健やかな日々を過ごせるように、新しい発想を持って医療に貢献したいと考えており、それを実現するために事業を行っています。また、医療の世界は目まぐるしく変化を続けていますが、そうした中で信頼されるリーダーになりたいというビジョンをノバルティスでは掲げています。

世界的な製薬企業でもあるノバルティスはさまざまな社会貢献活動を行っていることでも知られています。その一つがノバルティス・コミュニティ・パートナーシップデイと呼ばれるものです。これは毎年4月に行われている社会貢献活動で、ノバルティスの発足を記念して行われています。具体的にどのような活動をしているかが気になるところですが、この日の前後で約2万5千人の社員が世界各地でボランティアなどを行っています。これほどの人員がボランティアを行うというのは日本ではあまり考えられないことですし、その規模の大きさに驚いてしまいますね。ノバルティスの日本法人においても参加していますし、患者さんが滞在する施設の清掃やエコバッグの作成、献血といったボランティアが過去に行われています。

また、ノバルティスは被災地支援に取り組んだこともあります。甚大な被害を及ぼした東日本大震災を覚えている方は大勢おられると思いますが、同社では被災地のためにさまざまな支援活動を行っています。有志によるボランティア活動を精力的に行いましたし、毎月一回の活動を続けてきたのです。また、2016年に発生した熊本地震の災害においても社員が現地でボランティア活動を行いましたし、いかに同社が社会貢献活動に力を入れているかが理解できます。ほかにも、ノバルティスでは次世代に活躍する人材を育成支援するためのプログラムを推進していますし、中高生の企業訪問なども受け入れています。医薬品が患者さんに届くまでの話や社員も参加してのグループディスカッションなどが行われています。このように、実にさまざまな社会貢献活動を積極的に行っているのもノバルティスという企業の大きな特徴と言えます。